税金

税金

『e-Tax』での確定申告に必要な準備は?(令和2年・2020年分)

早期退職後は毎年確定申告をしていますが、家にいながら申告が完了できるe-Taxを利用しています。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、税務署に行く必要が無いので便利です。 パソコンを買い替えたこともあり、再度2021年のe-Ta...
税金

45歳早期退職後に『健康保険』をどうしたかの話

数年前の45歳時に20数年勤めた会社を早期退職しました。退職後に健康保険をどうしたかの話です。退職後直ぐの選択から、1年後の選択までの話。 ちなみにどうするのが正解なのかは、一人一人条件が違うし、完全にわかっているわけでは無いです。 ...
税金

確定申告の準備・・・貸株金利はどうなる?

そろそろ確定申告の準備を進める時期になってきました。 今日は貸株サービスの確定申告処理の話です。 現物保有している株を証券会社に貸すことで0.1%程度の貸株金利を受け取れますが、確定申告でどうなるのかを書きます。 貸株サービス...
セキュリテ:マイクロ投資

確定申告の準備・・・セキュリテはどうなる?

そろそろ確定申告の準備を進める時期になってきました。各社の年間取引報告書を収集中です。会社員時代は源泉徴収ありで、特に確定申告もせずに終了の年がほとんどだったので、全然慣れません。 パソコンからのe-Taxの準備について昨年書いたもの...
税金

『ふるさと納税』条件付き合格の43市町村

ふるさと納税に関して、令和元年6月以降対象から外れる4市町にばかり注目が行っていますが、条件付き合格の市町村も43団体あります。 それ以外の自治体は令和2年(2020年)9月末までの期間の指定(1年4ヶ月)となっています。よほど問題が...
税金

泉佐野市の「ふるさと納税」除外はここから先が問題になる

「ふるさと納税」の新制度開始に伴い、6月から下記4市町が参加から外されることが報道されました。泉佐野市などは、再三の要請に対して無視するどころか、あえてケンカを売るような閉店セールをしていたので当然の結果です。 静岡県小山町 ...
税金

泉佐野市を控除対象から外さないと『ふるさと納税』制度は崩壊する

ふるさと納税寄付額全国1位の大阪府泉佐野市が、国にケンカを売りました。 3月末まで(なくなり次第終了)の閉店キャンペーンとして、返礼品に加えて寄付額の10~20%の金券(Amazonギフト券)を配って還元するというのです。 20...
税金

だから言わんこっちゃない「ふるさと納税」見直しについて

ふるさと納税の問題について 前々から懸念していましたが、いよいよ本格的に「ふるさと納税」に対して見直しが入りそうです。総務省からの通達は少し前に出ていたのですが、相変わらず守らない自治体もあるため、違反する自治体は税優遇の控除対象から外す...