iDeCo + NISA + 投信

iDeCo + NISA + 投信

NISA:ロールオーバーをするべきかどうか検討した結果

NISAのロールオーバーを急かされる季節になりました。 SBI証券の場合、申込期間は10/5(月)から12/8(火)までです。 2020年は2016年からの保有分なので、値上がりしている銘柄が多いと思いますが、コロナショックなど...
iDeCo + NISA + 投信

企業型確定拠出年金から個人型への移行手続きと運用商品の選択

2018年3月まで勤めていた会社は、​​​企業型確定拠出年金​​​に移行していました。​ 私は企業の掛金に加えて、掛金を上乗せする「マッチング拠出」も利用していました。ちなみに「マッチング拠出」制度は節税効果が高いので、優先的にフルで...
iDeCo + NISA + 投信

所得控除が無くてもiDeCo(イデコ)をする理由:運用実績紹介

iDeCo(イデコ)は、老後の「自分年金」となるように国が勧める個人型確定拠出年金制度です。 2000万円問題が騒がれましたが、そもそも自分の年金額や生活費を把握することも無しに、すべて国が面倒を見てくれると思っていること自体が間違い...
iDeCo + NISA + 投信

ロボアド投資対決:「WealthNavi 対 THEO」に決着

2017年10月からロボアドバイザー投資として「WealthNavi(ウェルズナビ)」と「THEO(テオ)」を同時に開始して、毎月同じように買い付けていっての騰落率を観察してきました。 資産配分先の見直しをする中で、iDeCoの優位性...
iDeCo + NISA + 投信

アーリーリタイア後のNISAにメリット無し?

少し前にNISA恒久化が見送られたというのが話題になってました。富裕層優遇だからとか? いやいや「本当の富裕層はたかだか年間120万円しか枠が無いNISAなんて利用しないし」とか、「老後資金2000万円貯めなさいとか、貯蓄から投資へと...
iDeCo + NISA + 投信

ロボアド投資対決:WealthNavi 対 THEO 2019年2月

3ヶ月ぶりのロボアド投資の比較です。 「WealthNavi」と「THEO」の2つをなるべく同じ条件で実際に1年半続けてきた成績を紹介します。基本的には投資信託の積立投資なので、1年半で成績がどうこうというものではありませんが、実際ど...
iDeCo + NISA + 投信

2019年のNISA枠、既にほぼ使い切り済み

2019年が始まって3週間ほどですが、今年のNISA枠はほぼ使い切りました。残り5万円程になってます。 私はNISAは金額も限られているので「つみたてNISA」ではなく、一発勝負の元々あるNISAを使い続けています。 買い始めが...
3 知識・生活

19000円割れから・・・夜明けと信じて、NISAの2019年枠で何を買おうか?

午後から出かけていたので後から知ったのですが、1回19000円を割ったんですね。 そこから盛り返しての+171.32円。終値19327.06円ということで、このまま底打ちしてくれたらいいんですが。まずは今夜のアメリカさんがどうなるか次...
iDeCo + NISA + 投信

NISAで損失を出している銘柄をどうするか?

2014年にスタートしたNISAですが、2018年末で5年の期限を迎えます。 未だ売却せずに持ち続けている銘柄について取れる選択肢は3つあります。 2019年枠に移す(ロールオーバー) 特定口座など...
iDeCo + NISA + 投信

ロボアド投資対決:WealthNavi 対 THEO 2018年10月

WealthNavi と THEO :パフォーマンス比較 10月も終わりですね。最終日こそ盛り返しましたが、月間で見ると散々な成績となりました。 さて、先日紹介したロボアド投資について、実際に1年ちょっと続けてきた成績を紹介します。...
iDeCo + NISA + 投信

ロボアド投資について

ロボアド投資とは、最先端のAI(人工知能)が投資の手助けをしてくれる投資運用の補助ツールです。 ザックリとしたサービス内容は、最初にいくつかの質問に答えることで、ユーザーのリスク許容度や、投資に対しての考え方を把握し、それを元にお勧め...
iDeCo + NISA + 投信

ロボアド投資「WealthNavi」と「THEO」の比較を開始

先月からロボアドバイザーを始めました。 SBI証券で、「WealthNavi」と「THEO」を同時に開始して、毎月同じように買い付けていって、さてどっちがどうなるのやらというのを楽しむために始めました。 また、日本の個別株中心の...
スポンサーリンク