maneo等のソーシャルレンディングから撤退する予定

2月14日にe-Taxで申請が完了した確定申告(還付申告)ですが、3/1に還付金が振り込まれました。

申請通り、約47万円です。

確定申告(還付申告)の申請完了(2018年分)
平成30年(2018年)分の確定申告申請が完了しました。 私の場合、還付申告なので、よくニュースになる所得税などの申告開始日 2019年2月18日(月)というのは関係なく、いつでも申請可能です。 計算の結果、還付額:47万円ほど...

なぜこれほどの還付金になったかというと、ソーシャルレンディング「みんなのクレジット」でやられた金額が大きいからです。

ここはもうほぼ詐欺みたいなもんでした。

高い授業料となりました。

そのせいで雑所得がマイナスになり、所得全体も控除を引くとほぼなくなるという感じで、他のソーシャルレンディングの分配金、株式投資の配当金などで源泉徴収されていた税金がほぼ戻ってきた感じです。

これだけ戻ってきても「みんなのクレジット」の損失の方が大きいので、ホントに高い授業料でした。

そして、そこで懲りたらいいものの、他のソーシャルレンディングは継続して利用していました。ところが、昨年末にガイアファンディング(maneo系)が全案件で期失となり、未だにどうなるかわからない状況です。maneo(マネオ)も一部で遅延が出ています。

 

元々はミドルリスク・ミドルリターン狙いのソーシャルレンディングでしたが、現状、ハイリスク・ミドルリターン(下手したらローリターン)となっています。

これであれば配当利回りの高い割安銘柄への個別株投資をした方が、株価下落のリスクがあるにしてもローリスクな気がします。

ソーシャルレンディング自体の歴史が浅く、法整備が整うまでの過渡的な時期かもしれませんが、さすがにこれだけ連発して懸念事項が発生すると投資先として不適格です。業務改善命令と遅延発生の解決を待つ段階です。

現在は全てのソーシャルレンディングに対して新規投資は停止し、来年の確定申告(2019年分)で還付額が大きくならないように、ガイアファンディング問題が無事に収束することを願っている状況です。

ガイアファンディングの結果次第で、引き続きソーシャルレンディングを利用するかどうかを考えようと思います。

 

ガイアファンディングもそれなりの金額ですが、全体からしたら一部です。どんなにいいと思う投資先でも一つの失敗で再起不能になるようなことのないように、やはり分散投資が大事ですね。

日常雑感
スポンサーリンク
中長期投資で目指す 億り人.net

コメント