東証1部への上場条件が変わるかもしれない

スポンサーリンク

東京証券取引所が東証1部への上場について、条件を厳しくする方向で検討しているようです。

現状の条件は

  • 直接上場:時価総額 250億円
  • 東証2部、マザーズから:時価総額 40億円

他にも株主数などの条件がありますが、時価総額についてはこの条件でした。

今後

  • 時価総額 500億円以上

という見直しを検討し始めたようです。

 

そもそも東証1部、東証2部、ジャスダック、マザーズとこんなに細かく分ける必要があるの?とか、時価総額数十億の小さい会社が簡単に東証1部に上がれてしまう現状はどうかと思うので、この見直しは仕方ない気がします。

基準が緩すぎてステータス感が無くなっているし。

ただ時価総額基準だけでは無くて、東証2部、ジャスダック、マザーズの再編もした方がいいと思うのですが・・・。

見直しが実施されると、うちの主力銘柄は全て東証1部基準に達しません。ユニバーサル園芸社は東京オリンピックの頃に・・・とか言ってましたが、現状76億円しかないので、500億円になると指定替えは夢のまた夢にまで戻ります。

既に東証1部のサンセイランディックは時価総額 65億円ほどですが、見直し後はどうなるんでしょう???

降格扱いか???

でもせっかく勝ち取った東証1部を、基準見直しで剥奪とはいかないと思うのですが・・・。

株式分割とか市場の指定替えとかって、企業価値に直接影響するものではないはずなのに、意外と反応してしまうのが日本市場なので気になります。

明日以降、どう反応するのでしょうか?

コメント