『MCJ』の株主優待到着と銘柄評価(2022年3月権利取得分)

MCJ

2022年3月期の株主優待紹介と銘柄評価です。

スポンサーリンク

MCJ(6670:東証S)

企業情報

特色「パソコン製造・販売が起点。『マウス(mouse)』ブランドが主力。周辺機器、通信、メディアにも展開」(四季報)

乃木坂46のCMが印象的でしたが、時代の流れにより終了し、今はマツコ・デラックスが広告塔です。・・・、変動幅が大きすぎないか?

「JPX 日経インデックス 400」構成銘柄に選定されるほどの会社ですが、現在の上場市場は東証スタンダードです。

保有状況

  • 優待銘柄 現物保有:1000株

優待条件

  • 株価:996円(2022.8.19)
  • 権利確定月:3月末
  • 必要株数:1000株
  • 優待内容:自社グループ製品及び飲食料品掲載のオリジナルカタログから1点選択(10,000円相当
  • 継続保有条件:無し
  • 長期保有優遇:無し
  • 到着日指定:不可

優待自体は100株以上からあり、その場合は「パソコンワンコイン診断サービス」利用券:2枚(1,000円相当)ですが、地方だと使い道が無いです。ちなみに1000株以上でももらえます。

2022年3月権利確定の優待到着

今回の選択肢は下記12点でした。

MCJ株主優待2022年
MCJ株主優待2022年
MCJ株主優待2022年

金額的には1~3の自社関連製品が一番お得感がありますが、数量限定です(数量は不明)。6月末に案内が来て7月末申し込み締め切り、限定品はハガキ到着順の早い者勝ちなのですぐに返送しました。

4番以降の選択肢を見ても、米、肉、ハム、レトルトカレー、アイス、鰻、酒と、人気優待品が揃っており、選択肢は少ないけど内容は充実しています。

伊勢えびは10000円相当ならではの選択肢。一番凄いのは11番のトマトジュース。これ720ml1本? 1本1万円のトマトジュース。凄く気になる。小市民なので選択しないけど。

選択したのがこちら。「iiyama 21.5型 液晶ディスプレイ(ProLite XU2294HS)」です。箱が普通のダンボールに変わったようです。

MCJ株主優待2022

食べ物は美味しそうなんだけど、米は20kg、ハムは4塊、アイスは29個、うなぎ4尾と、10000円相当だけあって単品で来る量が半端ないので選択しにくいです。

箱の写真って何やねんって感じですが、理由は察してください。

過去到着分の紹介

2020年

指標で見ると・・・

  • 株価:996円(2022.8.19)
  • PER:9.58倍(会社予想)
  • PBR:1.65倍
  • 予想配当利回り:3.31%

株価は2年前とほぼ同じだけど、コロナ特需もあってか業績は好調なので指標的には割安になってます。

配当(還元性向)は会社として目標値が出されています。

  • 総還元性向の目安:30%から40%程度
  • 配当性向:当期純利益の30%以上を目標

ここのところ増配傾向なのは業績好調のためなので、業績が悪化したら減配される可能性があります。とはいえ、前年比増配の継続も意識しており、23年3月期で10期連続増配予定。

BS、PL、10年チャートなど、面倒なので載せませんが、綺麗な右肩上がり。ただし、利益は22年3月期は少し落ちてます。

今の時代にパソコンと関連商品のハードで儲けられるのかという心配をよそに業績は堅調。

株価推移

購入はコロナショック直前。コロナショックでは500円割れまで下げました。

  • 765円(2020.2.6購入)
  • 970円(2020.8.27)
  • 996円(2022.8.19)

MCJの評価・まとめ

自分の興味を加味した独断と偏見有りの評価なので参考程度に見てください。

  • 優待の内容:★★★☆☆
  • 優待持続性:★★★★☆
  • 株価割安度:★★☆☆☆
  • 株価期待度:★★★☆☆

優待取得に1000株(100万円ほど)必要で、優待金額は10000円相当ということもあり内容は豪華です。ただし量が半端ない商品も多いので選びにくい。

優待利回りは1%程度でそれほど高くありません。選択肢に自社関連製品を3つ入れているので継続が期待できそう。株主数11403名(22.3)もほどほど。1年以上条件くらいは付けてもいいと思う。

株価1000円前後はフェアバリューな印象。

業種的に売り上げが急激に伸びたりすることは考えずらい。株価の変動幅がそれなりに大きいので、高値でつかむと面倒なことになるかも。東証プライム条件は満たしているので、いつか市場変更があるかも・・・と期待しながら2年半。

すぎじゅん
すぎじゅん

優待銘柄の取得方針など

・優待はオマケ、利回り追求しない

・株価上昇が期待できる銘柄を保有

・ギフト系優待が好み

・待機資金で優待クロス実施

コメント

  1. 伏見の光 より:

    うちのメインのデスクトップPCはマウスですし、旅行で持ち歩く小型ノートPCもマウスです。

    比較的名前が知られたBTOのパソコンとしてはマウスはそれなりにコストパフォーマンスが高いと思います。

    LINEのチャットでサポートしてもらったことがありますが、すぐにつながりレスポンスもよく好印象でした。

    優待は一回もらったことがあったかと思います。

    どうだろう、1番をもらってすぐ売却というのもありでしょうか。
    21.5のモニターはサブのものとしてはよさそうですね。

    • すぎじゅん より:

      過去2回とも2番をもらって売却して、一昨年は9500円程、去年はMCJ都合で商品変更があって23.8型液晶になったので13500円くらい回収できました。
      1番も同じくらい回収できるみたいですね。

      今年分は迷ってて、今は23型×2台で使ってるのを、一回り小さくなるけど21.5型×2台にしようかなと思ってます。2年計画で・・・。