ソフトバンク上場後 2時間・・・予想以上に酷いことに

スポンサーリンク

ついにソフトバンクが上場しました。

開始後2時間ほど経過したところですが、今後に語り継がれる最低なIPOとなった感じです。店頭の証券会社はクレームの嵐だろうか?

SBI証券の当選キャンセルしておいて良かったです。最も、親のソフトバンクグループは保有しているのでそっちは心配です。今のところ開始直後は大幅に下げて、その後プラスに戻してます。

ソフトバンク上場初日の株価

  • 公募価格:1500円
  • 初値:1463円(9:00)
  • 高値:1464円(9:00)
  • 安値:1344円(9:05)
  • 現在値:1375円(11:04)

初値は頑張って買い支えようとしてたと思います。しかし、公募価格に届かずでした。2億株の売数量に対して、数百万株の買いしかない状態。

寄り付き直後は投げ売り状態になり1344円まで下落、そこから反転して1400円は回復したものの、じりじりと売りに押されて下げている感じです。相変わらず売りの方が圧倒的に多いです。

昼休みにこの結果を見て愕然としたサラリーマンの動きが気になります。

 

今回は、さすがにマイナス材料が多すぎました。

  • 超大型株の親子上場
  • 通信障害
  • ファーウェイ問題
  • PayPayでのトラブルニュース
  • 相場全体が低迷中

しばらく様子見で、落ち着いたところで100株ほど購入したいと思います。

 

今回、直接的な損はしていませんが、間接的にはただでさえ冷え込んでいる相場に氷を投げ入れた感じで、米中の要因はあるにしろ連日株価は下げているし、これから先一層の株式離れが起きないか心配です。

コメント