100億円バラマキ終了の「PayPay」は何だかんだ言っても使うことになる

スポンサーリンク

ヤフーとソフトバンクが共同展開するスマホを使ったバーコード決済サービス「PayPay(ペイペイ)」のキャンペーンが12/4に始まりました。

両社お得意のサービス開始時バラマキ集客である「PayPay」使用20%分のポイントを還元する「100億円あげちゃうキャンペーン」は、来年3月までか100億円到達の早い方となってましたが、サービス開始10日ほどで100億円到達終了となりました。

 

私は完全に乗り遅れたので、今週に入って騒ぎが始まってからダウンロードし、結局ファミリーマートで1回使っただけ、500円ほど使って100ポイントほど還元されただけで終了となりました。

一番近いコンビニはファミマだけど、改めてファミマに行って買い物をしようとしたけど、20%還元と言われても買うものが無かったです。直ぐに必要ないものに無駄遣いしてもしょうがないし。

他に使える店は家電量販店くらいなのでEDIONにも行ってみましたが、特に今すぐ必要なものも無く、無理やり探してみましたが買ってもいいかもと思うものも、価格comで調べてみると最安値は20%還元を計算しても同じ程度だったり。

ということで結局何も買いませんでした。そうは言っても、最初の登録とヤフーとの紐づけで1000円ほどもらったので、1100円ほど得しました。

 

そんなPayPayですが、キャッシュレス決済が乱立する中で、今ある残高が無くなっても使っていくのか?という人も多いかもしれません。

でも、これも自分の場合ですが、継続して使っていくことになりそうです。

  • 2019年2月から ヤフーショッピング、ヤフオクで決済可能に

そしてさらに決定的なのは、

  • 2019年4月から Yahoo!ショッピングの「期間固定Tポイント」がPayPay付与に変更

 

ネットショッピングで何でも買う方ですが、ここのところ、Amazonや楽天市場よりも、ヤフーショッピングを使うことが圧倒的に多くなってました。ソフトバンクユーザーとしての上乗せポイントもあるため、基本的にヤフーショッピングが安いのです。

上乗せポイントは、ヤフーのサービスでしか使えない期間限定Tポイントなので、結局期限が切れる前にヤフーショッピングで買い物をするという、ヤフーショッピング魔の買物サイクルに組み込まれています。

PayPayがどういう形で付与されて、使用制限などが付くのかわかりませんが、いずれにしても使い続けていくことになりそうです。

 

そもそもキャッシュレス決済手段が乱立する中、PayPay騒動は無視するつもりが、このことを知って「どうせ使うことになるから入れておくか・・・」ということで入れました。

 

コメント