アスカネットの株主優待:マイブック2000円割引券を譲ります(3名限定)

現物保有銘柄は、株主優待の到着に合わせて銘柄紹介記事を書いたりしますが、そもそも優待が無かったり気まぐれに選択しているので、全然登場しない銘柄があります。

そんな中から今回はアスカネット(2438:マザーズ)を取り上げます。

アスカネットの優待券を欲しい方がおられればお譲りします。詳細は後ろの方で・・・。

アスカネット(2438:マザーズ)

特色「葬儀用遺影加工、個人写真集制作が柱。空中に映像を浮かばせる新技術をガラスと樹脂で育成」

アスカネットの株主優待内容

  • 権利確定月:4月末
  • 最低必要株数:100株
  • 株価:1,035円(2/17場中)
  • 優待内容:「マイブック(フォトブック)」の割引利用券

配布内容

  • 100株:1000円割引利用券 1枚
  • 400株:1000円割引利用券 2枚
  • 2000株:2000円割引利用券 3枚

私は2,000株以上保有なので、2,000円割引券が3枚到着します。

MyBookというのは1冊からオリジナル写真集が作れるフォトブックサービスです。

アスカネット優待券

この株主優待、アスカネットホルダーの間では不要という声が多いですが、まぁそこは本業の割引券なのでアスカネットにとっても負担にならず、利用者が少しでも増えればプラスになるのでいいんじゃね?とは思います。

ただ内容がちょっとケチっぽい。

というのも、初回限定40%オフキャンペーンというのを常時開催してます。


また、登録ユーザーにも結構な頻度でクーポン配布があります。

20ページほどのフォトブックを1冊作ると大体4,000円ほどになるので、40%オフだと1,600円オフです。クーポンの同時利用はできないので、そうなると1,000円割引クーポンはほぼ利用価値無しです。

2,000円割引クーポンだと何とかメリットがあるかなという感じです。

今までに何回か優待券を使ってフォトブックを作ったけど、子供も大きくなってきて最近はサボり気味で、使われることなく期限切れとなっています。

指標から見たアスカネット

2021/2/17場中の株価で計算した各指標です。

  • 株価:1,035円(2/17場中)
  • PER:106.26倍
  • PBR:3.12倍
  • 予想配当利回り:0.68%

空中ディスプレイの期待感で付いている株価なので割安さのかけらもありません。本業2本柱は堅調でしたが、ここ最近はコロナの影響を受けています。

事業割合

  • メモリアルデザインサービス:39%
  • パーソナルパブリッシングサービス:59%
  • エアリアルイメージング:2%

売り上げ的には完全に遺影加工(メモリアルデザイン)とフォトブックなど(パーソナルパブリッシング)の2本柱です。3本目の柱として空中結像を実現するASKA3Dプレートの実用化を狙ってます。

私が買い始めた10年ほど前は2本柱が1:1程度だったのですが、今は1:2くらいになってますね。

本業2本柱の評価であれば株価は300円がいいところです。+700円は空中結像への期待感です。ただし、期待で株価上昇の時期は終わったので、業績が変わってこないと再浮上は厳しいと思います。

10年チャートがこちら。2015年以降はズルズル最悪ですね。

新型コロナウイルスの感染拡大後、非接触スイッチを実現するということで空中ディスプレイが注目されて少し上げましたが、その後は再び下落してます。

非接触だけであればセンサーの問題なので映像を浮かせる必要無いですからね。単に空中に浮いて見えた方が接触するところまで押し込むリスクが低いとか、精密な操作ができるとか、その程度の話です。

結局のところ映像を浮かせるのにどれくらいコストを掛けますかということになるのですが、量産化技術に課題があり、価格面で折り合いが付かないようです。先日、村上開明堂(7292)から発表されたものも、ライバル素材のパリティーミラーが採用されていました。パリティーの方が画質が落ちるけど、コスト的に優位です。

ただ海外でもASKA3Dを使った製品開発をしている企業は多くあるので、そろそろ大きなニュースが欲しいところです。株価は業績に反映されない限り、上向かないと思います。

アスカネットどうしよう?

ピーク時よりは減らしましたが、それでも主力銘柄上位に入るくらい持ってます。これだけ低迷していると機会損失も大きくて、他の銘柄に乗り換えた方が効率的だと思います。

ただ、投資額は回収済みなので、元々の遺影加工とフォトブックだけの評価まで落ちても損失にはならないということで、一か八かにかけて継続保有方針です。

と言いながらも徐々に売りたい。

アスカネットの株主優待譲ります!

前置きが長くなりましたが、2021年7月末期限の株主優待券が余ってます。欲しい方がおられればお譲りします。



ただし、この初回限定キャンペーンとは併用できないので、初回利用の方の場合、こちらの方がお得かもしれません。リピーターの方だと優待券を利用するメリットがあります。

価格はサイズやページ数などで変わるので、どちらがいいかは各自で判断してください。

無料で譲りますが転売はしないでください。

現物送付は無しで、クーポンコードだけを連絡します。

限定3名、おおよそ早い者勝ちで・・・。

ちなみに「0が付く日」に注文すると送料無料になるのでお得です。

アスカネット・マイブック作成は『0が付く日+クーポン利用』がお得
うちの主力銘柄であるアスカネット(2438:マザーズ)の主な事業は下記2つです。 メモリアルデザインサービス(遺影加工) パーソナルパブリッシング(フォトブック) これに加えて、最近ではエアリアルイメージング(ASKA...

株主優待制度変更(2021年4月分から)

2021年2月19日、アスカネットから株主優待制度の変更が発表されました。

配布内容

  • 100株:1000円割引利用券 1枚
  • 400株:1000円割引利用券 2枚
  • 2000株:1000円割引利用券 6枚

100株と400株は変更なし。2,000株以上が従来の2,000円割引券3枚から、1,000円割引券6枚に変更になりました。

また、従来は「MyBook(フォトブック)」にしか利用できませんでしたが、フォトグッズやオートアルバムなどでも利用可能になります。

単価の安い商品もあるので、そういう商品にも使いやすくということのようですが、1オーダーで1枚しか使えないので、ハッキリ言って1,000円割引券はゴミ同然、ほぼ利用価値がありません。

元々セコイ優待でしたが、さらに使い道のない優待券になりました。

コメント