確定申告(還付申告)提出、市県民税申告不要申請も完了

確定申告に必要な書類が予定より早く揃ったので、e-Taxでの申請を完了しました。今年も提出書類は無く、家にいながら完了です。書類は5年間の自己保管。

還付申告なので確定申告書の提出期限とは異なり、1月に入ればすぐにでも提出可能です。還付は2~3週間と言われていますが、確定申告期間よりも前に出すと処理が早くて2週間ほどで振り込まれることが多いです。

1/25の夜に出したので、2/8,9あたりには戻ってくるはず。

市役所で市県民税申告不要申請を提出

還付申告はe-Tax申請で完了ですが、このままだと株式配当金が所得として計算されてしまい、住民税や健康保険料などに影響してきます

これに関しては、所得税は総合課税、市県民税は申告不要にすることで源泉徴収で完了という申請をすることで避けることができます。ただこの申請書、直接市役所などに行って提出する必要があります

共通の様式ではないので、実際の記入例も紹介しにくく、この制度について触れているブログでも窓口に行って聞いたらいいという感じなので、その通りにしました。

持っていくもの

  • 確定申告書の控え
  • 特定口座の年間取引報告書
  • 印鑑(無くても大丈夫だけど)

市役所に入ったのですが案内のところに人がいなかったので、ウロウロと税金の窓口を探します。一番奥の方にありました。

順番待ちの札を取る機械があるのかなぁとキョロキョロ探すけどありません。

窓口が空いていたので近寄ったら声を掛けられたので用件を伝えます。奥から担当の人を呼んできてくれます。

確定申告は済んでいるかを聞かれたのでハイと言って、控えのコピーを取りますと言われ、確定申告の控えと特定口座の年間取引報告書を渡します。

申請書を出して住所氏名とかを書いておいてくださいと言われ、コピーを取りに行かれます。

印鑑は持っていたので押しましたが、無くてもいい感じでした。全て申告不要のチェックボックスにレ点を入れます。

ハイ、これで申請終了です。

・・・思わずこれだけでいいんですか?と聞き返しましたよ。

市役所到着から出るまで10分も掛からなかったような気がします。

あくまでもうちの市役所での例です。市区町村によって変わってくると思いますが、とりあえず書類を持って行って言われた通りにやるだけです。

2022年以降は・・・

申告不要の申請は、「たったこれだけの処理のために市役所に行くんかい!」って言いたくなるほど簡単な手続きでした。これくらい確定申告書で申請できるようにせーよってのは誰でも感じると思います。

どうやらこれ、来年の申請から実現しそうです。ツイッターで流れているのを見ました。大元情報を探したのですが見つからなかったので諦めます。

役所の申請書関連は、もう少しスピードアップして改善してもらいたい気はしますが、それでも年々便利になっていってます。

他にもマイナンバーカードの健康保険証利用が開始予定となってますが、それに合わせて、来年から医療費控除のデータ読み込みが実現しそうです。これについては別記事で書きます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

税金
スポンサーリンク
★★★”すぎじゅん”をフォローしとく???★★★
中長期投資で目指す 億り人.net

コメント