ホンダ鈴鹿工場の見学(2017年12月)

スポンサーリンク

少し前になりますが、2017年12月12日ホンダ鈴鹿工場の見学に行ってきました。株主向けの見学会です。2013年にも行ってきたので2回目の当選です。

前回訪問もブログにしたと思うのですが、前使っていたブログのようで全く残って無いようなので、今回の内容を改めて記載します。
といっても写真を撮れるわけではないので、ほぼ文字だけですが。。。

実は、工場見学の2日前がフィット3の納車日でした。納車3日目のフィットでホンダ鈴鹿工場までドライブとなりました。

駐車場は鈴鹿サーキットに用意してあり、そこからバスに乗って移動です。ガイドさん付きです。しかもガイドさん可愛いです。このバスは、工場見学中の移動にも使います。2組に分かれるのですが、朝の到着順で分けられます。

鈴鹿サーキットからホンダ鈴鹿工場は目と鼻の先です。

到着後、会社説明などの会場に進みます。会場の入り口はこんな感じでした。N-BOXも置いてあったと思います。

ホンダ鈴鹿工場見学2017

会場に着くと、各席に工場見学セットが置いてあります。前のスクリーンには、ホンダの紹介VTRが流れています。今回はあまり記憶がないですが、本田宗一郎さんの話だったと思います。

ホンダ鈴鹿工場見学2017

今回のお土産は、N-BOXの帽子(2013年も少しデザインは違うけどN-BOX帽子でした)、鈴鹿工場のパンフレット、赤福、お茶、N-BOXの水、ペン(シャーペンとボールペン2in1)でした。

「2+1 RiDGE(リッジ)」

「HONDA」マーク入りの「パイロット ツープラスワン リッジ(RiDGE)」です。買うと結構な値段します。

左に見えるのが、工場見学の説明を聞くためのイヤホン。帽子は、工場に入るときに着用する必要があります。

最初に工場長さんなどの紹介があり、その後、ホンダと鈴鹿工場のPR説明、工場見学についての説明などが30分程度あった後、2組に分かれてバスで移動です。

溶接、塗装、組み立てと途中バスで移動しながら一通りの工程を見学します。

最初に見学したのがボディの溶接工場でした。ロボットが部品を運んできて次々に溶接していく様子はかなりの迫力です。火花飛びまくりです。今回は、N-BOXを作っていました。

塗装工程は、直接見られないため、ビデオでの説明になります。

ボディが組みあがった後、部品の取り付けも見学して回ります。シートやエンジンの取り付けなどを目の前で見ることができます。

一通り見学が終わると、最初の場所に戻ってきて、そのまま鈴鹿サーキット駐車場や、最寄りの駅まで送迎してくれます。

 

2013年の時は、見学後に最初の場所でASIMO君のパフォーマンスがあったのですが、今回は無かったです。その分、各工程の見学・説明などは丁寧だったような気がします。

ということで、非常に簡単ですが工場見学報告でした。

写真が載せられないのと、日数が経ったので適当な説明ですが。。。

ホンダ株は冴えない時もありますが、十分割安ですし、四半期ごとにいろいろな優待のチャンスがあるので、ホンダ車に乗っていて、ここに住んでいる限り(鈴鹿までなら何とか行けるので)は保有し続けてもいいかなと思ってます。

(3月末)鈴鹿サーキットおよびツインリンクもてぎの株主優待券(1回限り)
(6月末)工場見学やレースご招待、カレンダー(応募制)
(9月末)オリジナル切手2枚(100株以上を3年以上継続保有)
(12月末)エンジョイホンダへのご招待(応募制)

コメント