岩塚製菓から株主優待が到着(2020年9月分)激安放置継続中

岩塚製菓(2221:JQS)から2020年9月末権利確定分の株主優待が到着しました。

2014年~2015年に優待MAX 1,000株まで増やした後、8,000円前後でで売却。2020年3月に株主優待銘柄として300株再購入、6月に500株まで買い増しました。今回は、500株優待になります。

過去売却益 > 500株購入額」となっており、恩株銘柄です。

リスクモンスターを恩株化、恩株にする効果について
リスクモンスター(3768:東証2部)が中間決算を受けて急騰したため100株ほど売却。過去収益分と合わせて投資額をすべて回収、1,600株の恩株状態となりました。 恩株とは・・・複数単位の株を保有しておいて、株価上昇したところで一部を売却...

この会社、米菓で3位となってますが、株式投資先として見た場合、実態は全く異なる顔を見せます。上場企業の中でも有数の奇妙な会社です。

岩塚製菓(2221:JASDAQ)

企業情報

特色「米菓で国内3位。子会社で通販も。出資・技術支援する旺旺集団(台湾系)からの配当金収入多額

新型コロナウイルスの影響はマイナスどころか、巣ごもり需要でプラスの影響となるほどです。旺旺集団からの配当金も相変わらずの金額が入ってきます。連続増配も発表してます。

にもかかわらず・・・相変わらず株価は安値放置中。

岩塚製菓の優待条件と内容

  • 権利確定月:3月末、9月末
  • 最低必要株数:100株
  • 株価:3,860円(11/20)
  • 優待内容:自社製品

保有株数と商品価格

  • 100株:1,000円相当
  • 200株:2,000円相当
  • 500株:3,000円相当
  • 1,000株以上:5,000円相当

長期保有優遇

  • 3月末のみ:同一の株主番号で連続3回以上記録されている200株以上保有で、1,000円相当を上記に加算

 

9月権利確定は長期保有加算が無いので、500株・3,000円相当の品物でした。2021年3月は、長期保有優遇の加算で4,000円相当になると思います。

到着した株主優待品がこちら。

岩塚製菓_株主優待

大きな箱と、挨拶状、通信販売の子会社「新潟味のれん本舗」のカタログです。

ちなみに通信販売ですが、株主は10%オフで利用可能です(申し込み方法は同封の案内書に記載)。

2020年9月の500株優待は、「冬・越後づくし」という商品でした。3,000円相当となっていますが、販売価格 3,391円(税込)の商品です。

岩塚製菓_株主優待

箱のサイズが縦24cm×横24cm×高さ17cmもあり、かなりのボリュームです。

中身の紹介は公式販売サイトから拝借。こんな感じです。

岩塚製菓_株主優待

実際の内容がこちら。8つの小袋に分けて入ってます。それぞれが色々な種類を混ぜてワンパックにされているので、1つの種類から順番に食べる必要もなくて便利です。

岩塚製菓_株主優待

他の株数の商品ですが

  • 100株:味のれん~二極~(1,080円)
  • 200株:花のル・コリ~花恋~(2,484円)
  • 1000株:花のル・コリ~花恋~(2,484円)+ 越のきりもち~小缶~(2,980円)

という内容でした。

金額的には1000株が当然高いですが、餅よりは煎餅たくさんの方が嬉しいので、500株の内容が一番良かったです。

花のル・コリの箱は綺麗すぎて捨てられない問題もあるので、500株の普通の箱がいいです。

指標から見た岩塚製菓

2020/11/20の株価3,860円で計算した岩塚製菓の各指標です。

  • 株価:3,860円(11/20)
  • PER:10.30倍
  • PBR:0.42倍
  • 予想配当利回り:0.78%

前回紹介した2020/6/15時点での株価は3,665円でした。その時点から見ると若干上げてますが誤差レベルです。

この株価の異常っぷりは前回の記事をどーぞ

本業がおまけ?会社ごとFIRE?の岩塚製菓から株主優待が到着(2020年3月)
岩塚製菓(2221:JQS)から2020年3月末権利確定分の株主優待が到着しました。株主優待銘柄として3月に300株購入。ここは2014年~2015年に優待MAX 1,000株保有していた時期があり、それ以来の株主優待になります。 こ...

今でも相変わらず、敵対的買収を仕掛けられないのが不思議なレベルの激安水準です。

増配の発表などで一瞬株価が上昇しましたが、爆発力は全くありませんでした。利益水準を考えたら誤差レベルの増配では相手にされないということでしょう。せめて配当性向30%程度まで増配してくれないだろうか?

10年チャート(ヤフーファイナンス)

今の株価って前回購入の2014-2015年水準より安いです。当時はまだ借金を返済している段階でした。その後も旺旺からの配当金は入り続け、借金は完済、キャッシュ積み上がり状態なのに株価が下げてるってのは・・・。

米菓会社としてみた場合、評価されていないどころかマイナス評価状態。

岩塚製菓どうしよう

配当水準が低いので今後も増配傾向は続くと思います。年2回の株主優待も負担になるレベルではなく、自社製品のPRにもなるので優待廃止・優待改悪リスクはかなり低いと思います。

少なくとも株価3,000円台は異常安で、とりあえず買っておいても良い水準な気がします。もちろん旺旺次第だったり、世の中何が起こるかわからないので絶対ということは無いですが。

株主優待で届く煎餅は非常に美味しいので、現在保有中の500株は当然継続保有。問題は買い増しをするかどうか?1000株にして優待ランクアップするよりも先に、奥さん名義の方で買ってもらって500株+200株の2名義にしたいと思います。

それにしても、たいした大株主もいないことだし、どこか敵対的TOBとかしかけないかな?

コメント