八洲電機の株主優待が到着(2018年)

スポンサーリンク

優待銘柄として保有している八洲電機(ヤシマデンキ)から株主優待が到着したので紹介します。

「はしゅう」とか「やす」とか読みそうですが、「ヤシマ」です。由来は創業者の世界に通用する会社を築きたいとの思いから「古事記や日本書紀に記されている、日本国の古称、八つの島の「大八洲」に由来」とのことです。

一言で言えば、新世紀エヴァンゲリオンのヤシマ作戦と同じです。

四季報に記載されている企業情報「日立系商社。工場や企業向けに電気機器納入・設置工事まで一括提供。電子部品の卸も。期末偏重」

スポンサーリンク

八洲電機の株主優待

優待条件

  • 権利確定月:9月末日
  • 最低必要株数:100株
  • 優待内容:全国共通お食事券/ジェフグルメカード
    100株以上 500円分
    200株以上 2000円分

この会社の決算月は3月末ですが、優待の権利確定は9月です。中間配当は無いので、3月は配当だけ、9月は優待だけということになります。

優待品

100株よりも200株の方が4倍の金額が貰えるという、珍しい形の200株優遇銘柄です。

200株保有だと、優待利回りは1%を超えます。

八洲電機株主優待2018

ジェフグルメカードは吉野家やモスバーガーなど、あちこちのチェーン店で使えるので便利です。グルメカードの良いところは、お釣りが貰えるところです。通常の商品券は、金額の範囲内で使って、端数は現金で支払いますが、グルメカードの場合は、金額以上を使ってお釣りが出るので、手持ちの現金が不要です。

指標面から見た八洲電機

2018/11/29の終値832円で計算した八洲電機の各指標です。

  • PER:10.59倍
  • PBR:0.99倍
  • 予想配当利回り:2.40%

成長性はありませんが安定した利益を上げています。

配当はわずかずつですが年々増えてます。ただし、配当性向が30%程度まで来たので、今後どうするかは超注目です。実質無借金で、資金に余裕もあるので、配当性向は30%で止めずに、さらに増やしていって欲しいところです。

今後どうしよう

売る理由も無いけど、追加で買うだけの理由も無い銘柄です。もっと割安に放置されている銘柄が多数ある中、PBR1倍水準でとどまっているのは優待効果によると思います。

500円台の購入であり、買値で見ると「配当+優待」で5%程度の利回りになっているので、よほどのことが無い限りは継続保有です。

コメント