株主総会のお土産について

スポンサーリンク

今日も株主総会の案内がいくつか届きました。私の場合、50社くらいの保有で、3月決算でない会社も多いので、総会案内が束になって届くというほど凄くは無いです。

例によって、参加できる株主総会があるかを見ているのですが、その際に一つの判断基準となるのが株主総会でのお土産です。どうせ出席するならお土産があった方がいいです。なんせ東京に行こうと思えば数万円、大阪ですら数千円の費用がかかってしまいます。できれば少しでも費用回収したい・・・。

ところが、最近、株主総会でのお土産を廃止する会社が増えています。お土産目当てに総会に参加する人が増えすぎて、費用負担が大きくなりすぎたとか、総会に出席できない人に対して不公平感があるとか・・・、理由は色々あるようですが、まぁ廃止やむなしではないでしょうか。

最近は100株単位で10万~20万で購入できる銘柄が増えて、そんな最低単位株主に対しても等しく株主優待、総会お土産を配るのは明らかに不公平に感じます。下手したら100株株主など持ち株分の利益よりも負担の方が大きいのではないでしょうか?
上場に必要な株主数を確保するためなど、会社側にも理由はあるのでしょうが、そんなことをする必要がない大企業などは不公平だという声の方に対して反論できなくなったのでしょうね。

東京近郊に住んでいて、総会のお土産だけもらって別の総会を回るとか、ルール内でやっていることなので私も東京に住んでいたらやると思いますが、やる人が増えれば確実に廃止の方向に進むことになるでしょう。

ルールの隙をついたお得情報は先にやったもの勝ちで、広まってしまうと規制、縮小となるので、可能な人は今のうちにやっておきましょう。

これに関して一つ心配しているのは、ユニバーサル園芸社です。数年後の東証1部を目指し、株主優待も導入して着実に株主数を増やしています。それに伴って株主総会への出席者が増えてしまえば、お土産廃止か?って気もします。

そんなこんなで今のところ総会出席予定は1社もありません。最終、1社か2社程度になると思います。

コメント