リスクモンスターから株主優待案内が到着(2018年)

スポンサーリンク

相変わらず安定しない相場のまま3連休を迎えましたが、昨日は大半の銘柄が上昇してくれたので気分よくお休みに入れました。

よくわからないのがリスクモンスターの動きです。1週間ジワジワと上昇しました。年初に1900円台を付けてから、ズルズルと下落して、10月下旬には1000円を割りましたが、そこから盛り返して1275円まで上がってきてます。

評価額8位の主力銘柄なので、引き続き期待です。

そんなリスクモンスターから、株主優待案内が届いたので紹介します。

スポンサーリンク

リスクモンスターの株主優待内容

  • 権利確定月:9月
  • 最低必要株数:300株以上
  • 優待内容:指定商品から選択
  • 優待金額は保有株数、保有期間によって変わってきます。

リスクモンスター株主優待2018

ちなみに、決算月は3月であり、配当は3月、優待は9月となっています。今のところ9月に中間配当はありません。

優待が必要な株数が300株以上、最低保有期間が1年以上、3年以上の長期保有優遇と、長期保有の安定株主づくりを考えている優待内容です。単なる株主数増やしの大盤振る舞い優待になっていないところに好感が持てます。

今年の株主優待商品カタログです。

リスクモンスター株主優待2018

クリックで拡大

自分の分は、1000株以上、1-3年保有なので3000円相当、奥さん分が300株以上、1-3年なので1500円相当の中からの選択です。

商品内容は、リスモンの本社、支社、営業所がある、「日本橋」、「大阪」、「名古屋」、「福岡」の商品に加え、リスク管理ということで「防災」グッズがあり、さらに金券類として「JCBプレモカード」、オリジナル商品としてキャラクター「リスモング」グッズとなっており、選択肢は多くないですが、バラエティーに富んだ、個性的な内容となっています。

 

日本コンセプトでもあった蓬莱の豚まんセットがありますが、3000円相当なのでこちらは3袋です。季節的には今回が丁度いいけど、冷凍庫を圧迫するので見送ります。

「リスモング」のぬいぐるみを貰ってもしょうがないので、今回は「JCBプレモカード」を貰っておこうと思います。

スポンサーリンク

会社情報・指標面から見たリスクモンスター

リスモンは「東京商工リサーチの企業情報活用しネットで審査、与信管理サービスを提供。教育事業も育成」という事業内容の会社です。

現在は東証2部上場です。設立が2000年、上場が2005年なので、まだ若い会社です。

 

11/22の終値1275円を元に、指標面からリスクモンスターを見てみましょう。

PER:18.23倍

PBR:1.11倍

配当利回り:1.25%

PER20%弱、PBRも1倍超え、配当利回りも1%台と、割安感はありません。

自己資本比率は80%以上、実質無借金状態であり、財務は盤石です。

リスクモンスター株主優待2018

売上、利益、配当のいずれもが年々伸びています。

ストック型のビジネスなので、会員数が伸びている間は、安定して売り上げ、利益は伸びると予想されます。

ここ2週間で株価が少し戻したこともあり、今の株価水準は妥当だと思いますが、成長性などを考えると、もう少し買われてもいいかなと思います。

スポンサーリンク

今後のリスクモンスターへの投資方針

株主優待銘柄として見るとお得感は無いが、成長期待の長期保有銘柄として見ると、主力銘柄の下の方で保有する分には申し分ない銘柄です。

年間売上が30億程度なので、まだ東証1部には早いですが、いずれは東証1部指定替えがあるかもしれません。会社の信用アップのために、意外と早く上がるかもしれません。

 

会社の成長が続く限りは、短期的には上下しながらもジワジワと株価上昇すると期待できるので、株主優待はおまけ程度に考えて、引き続き主力銘柄の一角として長期保有予定です。

とは言え、上下に行き過ぎた場合は、一部を売買して対応していきます。

おそらく来年は3年以上の基準を満たせるので、優待のランクアップとなるはず。

コメント