2020年5月29日週の投資成績_続伸も置いてけぼり感が

スポンサーリンク

2020年5月29日までの投資成績です(2014年1月から)。

  • 先週比 3.17%
  • 年初比 -2.80%

今週も続伸して年初比プラスまであと一歩のところまで来ました。昨年末の水準に近づいて、完全にコロナショックが無かったことになっている感じです。

ただ今週は、日経平均が+7.31%と爆上げしたことと、水木金とマイナスとなってしまったため、これほど上がったという実感がありません。

今週の売買

  • 売却(貯株):久世、トリドールHD
  • 売却(主力株):アスカネット、サンセイランディック
  • 購入:グリーンクロス

久世(2708)は首都圏を基盤とする外食向けの食材卸。自粛解除の動きもあって戻してきてますが、財務がいいとはいえ、元々利益率が低いのと、外食がコロナ前の水準に戻るのは厳しい感じなので売却。

トリドールHD(3397)は先日書いた通り。

トリドールHDを売却:外食銘柄は優待プレミアムが付くので苦手
「丸亀製麺」が主力のトリドールホールディングス(3397:東証1部)を売却しました。 株式分割・優待拡充のニュースを切っ掛けに、コロナショック真っ只中の3月19日週の購入なので、結局、2ヶ月ちょっとの保有に終わりました。 ...

 

サンセイランディック(3277)が戻してきたので、コロナショック後に買い増していた分を売却。評価額が大きいのでもう少し減らしたい。

アスカネット(2438)は週の前半で上げたところで少し売却。非接触タッチパネルを材料にテレビ効果で上げてきた感じだけど、思惑だけでは限界が有るので量産品への採用ニュースが無いとズルズル下げるかも。追加燃料待ち。

購入はグリーンクロス(7533)の買い増し。今まで主力株と言いながら優待株上位よりも少ない金額だったけど、やっと主力株下位らしい株数になってきました。

全体では80万円ほどの売り越しです。ガンガン強気で株価が上昇して、日経平均なんて22,000円近くまで戻しましたが、まったく理由がわかりません。冷静に戻してきた分を刈り取ってます。

日産ショックなのか週末は自動車関連銘柄が散々でした。村上開明堂なんて前週比マイナスです。

 

新型コロナウイルスの方は沈静化しつつありましtが、自粛要請を解除しだしたとたんに再び増加しそうな気配がしてます。

東京では段階的に解除されているとはいえ、不思議なのは感染リスクの高そうな飲食店(特に夜の)が比較的早くに解除されていること。まだ時間制限があるとはいえ、非常にアンバランスな感じを受けます。

またすぐに行こうとする人が多いのも不思議。まぁ飲み歩くお店を応援したいのかもしれませんが。

来週からは全国的に学校が再開される地域も増え、在宅勤務を止めたり、移動制限を緩める企業も増えそうなので、本格的な第2波にならないか心配です。

 

コメント