「Visa LINE Payカード」が1年間最強っぽいので申し込み完了

スポンサーリンク

Visa LINE Payクレジットカード」に申し込みました。

久しぶりの新規クレジットカード申し込みです。即断即決。それくらいお得感があります。

LINEとしては「LINE Payカード」というのが今までありましたが、そちらはプリペイドカードです。今回、2020年4月23日(木)より一般申込みが開始となった「Visa LINE Payクレジットカード」はクレジットカードです。

名前的には非常にややこしい感じ。

Visa LINE Payクレジットカード、何がお得って

  • 初年度3%還元

これだけで太っ腹すぎる還元率です。

クレジットカードは少し前に断捨離して1枚減らしたのですが、1枚増えて再び4枚に。まぁ、こういう時のために普段から減らしてます。

Amazon断捨離その2:Amazonカードを解約
自分で言うのもなんですが、片付けが得意な方です。好き嫌いで言っても好きな方です。 普通に生活をしてたらいつの間にか物は増えていくので、断捨離だけは普段から意識しないと現状維持すら難しいと思っています。 で、今回処分したのが『Am...
スポンサーリンク

「Visa LINE Payクレジットカード」

基本情報とメリット

基本情報

  • 利用可能個所:国内外VISA加盟店
  • 審査:あり
  • 年会費:初年度無料。2年目以降も、年間1回以上のカードご利用で無料。利用が無い場合1,250円(税抜)
  • 発行会社:三井住友カード

年間1回の利用で年会費無料になるので放置しない限りずっと無料です。

メリット

  • 残高チャージ不要でLINE Payの支払いが可能に「チャージ&ペイ」
  • 初年度はLINEポイント3%還元(上限なし)
  • Visaのタッチ決済対応

通常のクレジットカードの還元率が0.5%程度、楽天カードなどでも1%程度と考えると、3%還元は無条件で申し込みたくなる高還元です。

3%還元の注意点

何か落とし穴が無いかと3%還元の条件を確認してみました。

一番注意が必要なのは、初年度3%還元の対象となるのはカードショッピング利用の場合ということです。ただし、上限無しです。

LINEペイで支払う「チャージ&ペイ」の場合は、LINE Payの還元率マイランクの1~3%還元が適用されます。

また、下記の支払いはポイント還元対象外となるようです。

  • 電子マネー/プリペイドカード/Walletサービス等へのチャージ
    (WAON,Edy,Suica,PASMO,Kyash等)
  • 金融商品の購入(投資信託、証券等)
  • 税金/保険において、1回あたりの支払につき5万円を超える分
  • 国民年金保険料
  • 寄付
  • 年会費(クレジットカード年会費、ETC年会費等)
  • 手数料(リボ払い・分割払い手数料等)
  • キャッシング
  • その他、当カードの利用において指定するポイント対象外の商品/サービス

注意点をもう一つ

  • 還元期限:2021年4月30日まで

期限の初年度というのは申し込んでから1年ではありません。次年度以降もキャンペーン予定となってますが、3%還元をフルに活用するには早く作る必要があります。

Visa LINE Payクレジットカード申し込み

カードについての詳細は公式ブログで確認してください。

申し込みはスマートフォンからのみです。

  • スマホ
  • 運転免許証
  • 引落口座の情報

があれば簡単に申し込み可能です。

私も今日申し込みましたが、1時間半ほどで入会審査結果が来てました。

「2週間以内に簡易書留郵便にてお届けいたします。」となっているので、無事に通ったようです。

カードが来るまでの間に、公共料金などで変更可能なものを抽出し、支払方法の変更準備をしておきたいと思います。

コメント