『Amazonプライム』を継続するか再考し、会員資格終了へ

スポンサーリンク

もうすぐAmazonプライムの会員資格更新時期です。昨年も更新するかどうか迷ったのですが、きちんと検証することなくズルズルと更新しました。

さて、今年はどうするか改めて考えてみます。

スポンサーリンク

Amazonプライムとは?

Amazonプライムとは、Amazonが提供している有料会員サービスです。

2020年3月時点での料金プランは2種類

  • 年間4,900円(税込み)
  • 500円(税込み)/月

年間契約をしてしまうと、当然ながら途中で解約しても返金はありません。年間契約を月額に換算すると408円です。

サービスをガッツリ使っている人なら年間契約一択ですが、それ程活用していないなら、どうしても必要な時に1ヶ月入るだけでも十分な気がします。

会員特典

公式ページのヘルプに記載されている会員特典です。これほどたくさんあります。

あるように見えます。

ただ、実際にどの程度使ってますか?

  1. 無料の配送特典
  2. 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  3. Prime Video
  4. Prime Videoチャンネル
  5. Prime Music
  6. Amazon Photos
  7. Amazonフレッシュ
  8. プライム・ワードローブ
  9. プライム会員限定先行タイムセール
  10. Prime Reading
  11. Amazon Music Unlimited
  12. ベビー用おむつとおしりふきの15%割引など(Amazonファミリー特典)
  13. Twitch Prime
  14. 家族と一緒に使い放題
  15. プライムペット
  16. プライム限定価格

実際に使ったサービス

  1. Prime Video
  2. Prime Music
  3. Prime Reading
  4. プライム限定価格

実際に使ったのはこれくらい。

ちなみにAmazonでの買い物は、2019年は4回でした。ただお急ぎ便にする必要もないし、他でも買えるので、無理してAmazonで買う必要もありません。

「Music」と「Reading」もガッツリ使っているわけでもなく、そういえばそんなのがあったよなぁ程度で数回使用しただけ。

プライム限定価格は気になりますが、セールに合わせて買い物をする習慣が無いので、無いなら無いで良いし、どうしても必要ならその時だけ入れば・・・。

唯一そこそこ使ったのが「Prime Video」です。

そこそこ新しい作品も定期的に追加されるので見ることもありますが、これもプライム特典になっているからで、無いなら無いで困りません。

テレビ録画ですら見るのが追いついてないのに・・・。どうしても見たいものがあれば個別でオンラインレンタルか、三洋堂書店まで借りに行けばいいし。

「Prime Video」だけで月額408円と考えると無くてもいいかな。

結論

継続無し!

ですね。

一旦やめてみて、どうしてもやっぱり必要となったら再加入を考えたいと思います。

ということで、早速解約を進めます。

3日前にメールでお知らせするという再考を促すボタンもありますが、真ん中の終了ボタンを押します。

次の画面では月額プランを検討してという案内と一緒に再度3つのボタンが出ますが、容赦なく「会員資格を終了する」でポチっと。

次の画面で、最終の最終確認で再度3つのボタンがありますが、「2020/03/23特典と会員資格を終了」をポチっとして終了です。

会員資格終了を押しても会員期間終了日までは使えるようです。

当然ながらそれまでに再度継続に変えることも可能です(しないけど)。

 

月に400円程度のセコイ話ですが、塵も積もれば山となるなので、固定費は常に見直しを意識しています。

コメント