日経平均は大幅下落しましたが・・・

スポンサーリンク

本日、日経平均は-822.45円(-3.72%)の大幅下落でした。昨日のNYダウが-608.01ドル(-2.41%)の大幅下落だったのである程度予想されたことですが、相変わらずNYダウよりも日経平均の方が派手に下がります。

ただ上海が最後に戻して終わっているので、今日のNYダウの結果次第で明日は大幅高を期待したいですね。

 

そんな中、うちの超主力銘柄である村上開明堂が+203円(+7.39%)の2949円と大幅高となりました。午前中は全然だったのですが、昼から大幅高です。

村上開明堂がそれほどの大幅高になっても、他がほとんど大幅下落となってしまっては流石に支えきれず、全体としてはマイナスでしたが、主力銘柄のマイナス幅は-0.23%と軽微でした。

 

それにしても村上開明堂・・・どうしたんでしょう?

思い当たるのはレクサスのミラーレス車ですが、このシステムをどこが作っているのか確認できてないんですよね。それに発売されるのは随分前からニュースになっていたし、このニュースじゃないかな?

まぁこれだけ上げても、年初来高値の3600円に比べればずいぶん安いし、万年割安放置銘柄なのであまり期待せずに明日以降の様子を見たいと思います。

 

問題はアスカネットです。

樹脂製ASKA3Dプレートの性能アップで大幅高になった月曜日の上昇を、3日間で完全に戻して、先週末の水準まで戻ってしまいました。

またそのパターンか?っていう諦めの気持ちと、今回は再度上昇に戻るだろうという期待とが混じった気持ちです。

それにしてもIRを出したタイミングが悪いというか、運が無いというか、期待が持てるIRを出すと日経暴落を被せられるんですよね、アスカネットは。

ただこの下げをチャンスと思って買い増ししておいてもいいかもしれませんね。

コメント