アーリーリタイア後は成分献血をすることに

スポンサーリンク

アーリーリタイア後に新しく始めたことの一つが「成分献血」です。

元々献血にはよく行ってました。20年ほど続けていて、400mL献血のみで40回ほどです。世のため人のためというボランティア精神というよりは、献血でプレゼントがもらえて、さらにはタダで血液検査をしてくれるというメリットのためです。

献血ルーム

成分献血デビュー

在職中は、成分献血は1回もしませんでした。要因は2つ

  1. 出来る場所が遠い
  2. 献血に時間がかかる

今までは会社に来る献血バスや、家の近くに来る献血バスで献血をしてました。うちの近くに来る献血バスでは成分献血ができません。成分献血ができる献血ルームまでは車で1時間ほどかかります。

しかも献血であれば30分程度あれば終わりますが、成分献血は2時間くらいかかります。行き帰りの時間も考えると半日仕事です。

 

そんな理由で成分献血を避けていたのですが、退職すると時間はたっぷり。片道1時間のドライブも余裕です。

ついに成分献血デビューすることにしました。

成分献血のメリット・デメリット

成分献血をしてみて実感できた一番のメリットは、「体が楽」ということです。

400mL献血でも体が辛いということは無かったですが、それでも何となくだるい感じがありました。ところが成分献血の場合は全くありません。

次回献血までの間隔も短いため、2019年10月に始めてから月に1回ペースで通ってます。

献血ルーム

デメリットはやはり時間がかかることです。車を使って片道1時間くらいかかるため、献血時間と合わせると4時間ほど、半日潰れます。

ただ、あまり張り付いてザラ場を見ていても良い事は無いので、出掛けるのはいいことです。もっとも、献血中の1時間半の間はヒマなので、スマホいじってるのですが・・・。

もう一つのデメリットは粗品が毎回ほとんど変わらないこと。一応、曜日によって違いはあるのですが、同じ曜日を選ぶとほぼ同じ内容です。ラップとか毎月貰っても・・・。

 

あと交通費は自腹です。ガソリン代が1L程度必要です。献血ルームは駅の近くですが、電車で行くと車以上に交通費が掛かるので毎回車で行ってます。

駐車場は指定の場所があって、駐車券を持って行くと、献血終了時間からプラス30分くらいの駐車券をもらえるので、駐車場代はタダです。

血液検査結果

血液検査の結果は、複数回献血クラブ「ラブラッド」に登録しておけば翌日には届きます。

1996年の初回分からの検査結果は全てエクセル入力して保存してます。

ここまでする意味はあまりないですが、何か悪いところがあれば数値に異常が見られるのではないかと・・・。

いや、単に集計してみたいだけ?

ちなみに今のところ全ての数値が基準値内に入っている模様。

献血で残念なこと

今の「はたちの献血」、「みんなの献血」のキャンペーンキャラクターは乃木坂46の齋藤飛鳥さん、星野みなみさん、堀未央奈さん、山下美月さん、与田祐希さんです。

時々キャンペーンで乃木坂グッズを配っているのですが、基本的に40代は対象外。ちょっと残念。

 

複数回献血クラブ「ラブラッド」で付く献血ポイントがあるのですが、ハッキリ言って交換商品に全く魅力が無く、ポイントが増える一方です。

乃木坂グッズとかにして欲しいなぁ・・・。

それが無理なら「けんけつちゃん」のオリジナルグッズなんてものは作らなくていいから、もっと市販の商品から選択できるようにして欲しい。

コメント