新型コロナウイルスで下落する株式市場への対応

スポンサーリンク

昨日も新型コロナウイルスについて書こうと思ったのですがバッサリ消しました。

今日は先週末のNYダウの大暴落、春節後の中国市場などもあり、日経平均も大暴落するのかと思いきや、意外と大きく下げませんでした。

さて、こんな相場でどうするのがいいか?

わかりません。

あくまでも個人的な意見なので、反対意見があっても適当に読み飛ばしてください。どうするのが正解かなんてわかる人いないので。

新型コロナウイルスについて

個人的にはそれほど心配していません。もちろん治療法なども確立されていないし、どんな人が重症化するのかとか、死亡率なんてのもハッキリしないので軽く見てはいけませんが、今の報道は煽り過ぎだと思います。

なぜそう思うかは面倒なのでパス。

ただこのまま簡単に収束するかとなると、当分感染の拡大は続くと思ってます。イメージとしてはインフルエンザのような感じ。患者が増えるとニュースになるけど、パニックにはならないような・・・。

ただ改めて思ったのは中国の政治体制が特殊だということと、医療体制が整ってないことです。

株式相場への影響

中国の経済が停滞すると直接中国に関係している企業はもちろん業績が落ちるでしょう。全く関係ないところでも、景気全体が低迷するとなると影響は無視できません。

暴落は基本的に買いだと思いますが、どのタイミングで買うかが難しい。

特に今回は下がる要因がわかりやすく、実際に業績に影響が出て来る会社も多いので〇%下がったから割安とかも言えません。

買いのタイミングなんて考えてわかるわけないので、

  • 中国に関係ない会社:普段よりちょっと深めで様子見買い
  • 中国と関係がある会社:普段よりだいぶ深めで様子見買い

というイメージで、少しずつ買い増しをしていく予定です。

今日の売買

優待廃止に引き続き、業績の下方修正を発表したコラボスは完全売却。忘れよう。

イボキン(5699:JQS)が始値で異常とも思える大暴落。全く要因がつかめないのでポチっと買い増し。その後やや下げまで戻してます。何だったんだろ?

あとはリスクモンスターとサンセイランディックを少し買い増し。

 

アスカネットから「AWL株式会社との資本業務提携に関するお知らせ」が・・・。

コメント