2020年1月31日週の投資成績_新型コロナウイルスの影響で下落

スポンサーリンク

2020年1月31日までの投資成績です(2014年1月から)。

  • 先週比 -1.70%
  • 年初比 -1.26%

新型コロナウイルス(新型肺炎)の影響が本格的に出始める週になりました。直接的な影響がわかりやすい観光業や小売業だけでなく、武漢や他の中国の都市に拠点を持つ製造業などにも影響が出そうです。

楽観的に考えても景気への影響がないとは考えにくい状況です。そうなると全業種が無関係では済まないかも。こういう時は主力銘柄、株主優待銘柄に関係なく、選択と集中を進めることが多いです。

今週の売買

  • 購入:コラボス(主力銘柄最下位へ昇格)、イボキン、村上開明堂
  • 売却:リスクモンスター、村上開明堂、テクノクオーツ

株主優待の廃止を受けて急落したコラボス(3908:マザーズ)を追加購入して主力銘柄最下位に格上げしました。

株主優待廃止の「コラボス:3908」を主力っぽい位置に格上げ
株主優待銘柄として2019年の10月に購入したコラボス(3908:マザーズ)でしたが、昨日、情け容赦のない鬼のようなIRを出してきました。 ”株主優待廃止” しかも、2020年3月分から・・・。 優待1回も貰ってないっちゅ...

3Q決算チャレンジをしましたが・・・惨敗。下方修正まで飛び出してきました。内容を見ると最低限達成して欲しい売り上げ増は満たしていますが、下方修正幅が大きいので週明け更に大幅下落となりそうです。撤退かな。

イボキン(5699:JQS)を追加購入。株価下落で追加購入ラインまで下げてきました。ただその後もさらに下げてます。中国とか関係なさそうですが、新興系は売り込まれやすいのでしょうか?

村上開明堂(7292:東証2部)は少数を短期売買してお小遣い稼ぎをしただけです。

リスクモンスター(3768:東証2部)は、与信管理サービスを提供ということで、相場の雰囲気に逆行してあげることも多く、今回も週半ばまで急騰してました。売却ラインを越えたので100株ずつ切り落とし。年初から400株売却してます。週後半は下落して再購入ラインに来てますが様子見中。

テクノクオーツ(5217:JQS)を売却。株主優待銘柄として保有し、「さくらんぼ」もまだ1回も貰ってませんが、買値から1.8倍ほどになっていることもあり売却。ここまで上げても妥当価格程度で割高感は無いですが、相場全体の先行き不安ということもあります。単位株で100万円以上は高すぎるので分割して株価を下げて欲しい。

 

テクノクオーツの金額が大きいので全体としては売り越しです。

追加購入ラインまで下げている銘柄はいくつかありますが、今回の騒動は簡単に収まりそうも無いので少し様子を見ています。

アスカネット(2438:マザーズ)のASKA3Dが、非接触タッチパネルで注目されたりしないかなと微かに期待しつつ・・・。

コメント