エスリードから株主優待が到着(2019年分の2件)

スポンサーリンク

株主優待銘柄として保有しているエスリード(8877:東証1部)から2019年3月末権利確定の株主優待が届きました。エスリードですが、2019年10月7日に「日本エスリード」から社名変更しています。

エスリードの株主優待はカタログギフトで、到着月が決まっている商品が多く、今年は11月と12月到着の商品を選びました(2名義分)。2品とも到着したので紹介します。

スポンサーリンク

エスリード(8877:東証1部)

事業内容

「マンション企画開発、販売が柱。近畿圏での供給戸数トップ級。森トラストの連結子会社」

森トラストが上場していないので親子上場では無いです。よって親子上場とは少し違いますが、親会社に支配されているという点では同じです。

株主優待内容

  • 権利確定月:3月
  • 必要株数:100株以上
  • 優待内容:カタログギフト3,000円相当(42点から選択)
  • 株価:2,168円(12/16)

全国各地の名産品・特産品の中からお好みの1品をご自由にお選びいただける、郵便局の選べるギフト「鳥」です。

ここの優待はフルーツが選択肢に多いです。到着月を選ぶことができるカタログなので、時期によって異なるフルーツから選べます。

同じミカンでも、月によって異なる産地から届きます。

 

2019年に選択した商品

今年は、11月到着の「愛媛県吉田町産 温州みかん 2.5kg」と12月到着の「バウムクーヘンセット」を選択しました。今年から奥さん名義分に加えて、自分名義分が増えたので2つもらえます。

エスリード株主優待(2019年)

11月に到着した温州みかんがこちら。紙は箱の中に入ってたものです。やたらと大きな箱で届きました。そしてこの箱を開けてみると・・・。

 

エスリード株主優待(2019年)

メッチャ綺麗に並んでます。5×6で30個入り。上の空間も結構ありますが、下も同じくらい上げ底になってます。ピッチリ並んでいる分ゴロゴロしないので運搬で傷まないということでしょうか?

でも2個ほど皮が割れてました。味はシッカリと甘みのある美味しいみかんでした。

私が子供の頃は冬になれば箱買いしたミカンが置いてあって、1度に何個も食べたりした記憶があるのですが、最近はしなくなりましたね。

箱買いできないのは家の中が暖かくなったためでしょうか。今住んでいるのはマンションということもあり実家に比べると格段に部屋の温度が暖かいです。リビングに置いておくと直ぐに痛んでしまいます。家の中に特別涼しい場所もないし、保管に困るので30個でも多いくらいです。

しかもこの時期、今年も実家から送ってきた果物と被りまくりとなりました。

去年の三重県産の「極早生みかん」はこちら

日本エスリードから株主優待が到着(2018年)
日本エスリードから株主優待が到着(2018年) このサイトの新装開店や、別サイトの引っ越しでのトラブルで紹介が遅くなりましたが、日本エスリードから株主優待が到着しました。 日本エスリードの優待内容 権利確定月:3月末日 ...

 

2品目

エスリード株主優待(2019年)

バームクーヘンセットです。プレーンとメープルとチョコで計20個入ってます。

果物は時期が難しいのと一度に大量に来ると困るということで、年末年始に向けて日持ちするお菓子でもと思って選択しました。

といいながら、年末まで待たずに早速食べてみたのですが、味は・・・もう一つ。しっとり感がありません。見た目のイメージ通りと言えばその通りなのですが・・・。

これだったらセブンイレブンで売っているセブンプレミアムの「厚切りバウム 10個入」300円くらいの方が美味しいのではと思ってみたり。

太るので控えてますが、セブンのはリピ買いしていた絶品です。

指標面から見たエスリード

2019/12/16現在の株価2,168円で計算した各指標です。

  • PER:6.56倍
  • PBR:0.75倍
  • 予想配当利回り:1.85%
  • 株価:2,168円(12/16)

去年の記事の頃は1500円ほどだったようなので、そこから比べると随分と上げていますが、それでもかなりの割安銘柄です。

不動産という業種は景気の影響も受けやすくて中期的な株価の変動幅が大きいですが、エスリードに関しては業績見通しも悪くないし、エストラストやムゲンエステートなどクオカード優待を実施していた不動産株を立て続けに売却してしまったので、長期保有でこのまま継続保有したいと思います。

次回の優待品選択はまた悩みそうですが・・・。

コメント