セキュリテ-マイクロ投資 2018年8月の状況

スポンサーリンク

ミュージックセキュリティーズ株式会社が運営するマイクロ(少額)投資(セキュリテ)をしています。
2~3万円くらいを一口として投資をします。事業者は数百万から数千万円を集めることが多いですが、集まった資金で商品開発や拡販を行い、指定期間内の売り上げに応じて最終的に分配金が得られるという仕組みです。

売り上げに対する分配金は募集時に示されていて、収支トントンになるハードルは意外と高いです。ただ、この投資の楽しみは分配金に対する期待ではなく、出資者への特典にあります。基本的には事業者の行っている事業に即した商品がもらえます。

現在、下記の9つに出資中です。
・信楽陶人形「陶房 準」ファンド
・神戸生まれの奇跡のローファーファンド
・京都鳴海屋 伝統製法あられファンド
・凡のようか豚丼ファンド
・らいらっく 酪農家直売ジェラートファンド
・山のパン屋の自家栽培小麦パン作りファンド
・忠小兵衛の焼き抜き蒲鉾ファンド
・よしかファーム糖度保証ミニトマトファンド
・くだもの王国岡山フレッシュタルトファンド

2018年8月現在の状況ですが、概ね想定内で進んでいます。

直近で途中経過が報告されたもので見ると、

・好調 神戸生まれの奇跡のローファーファンド
株式会社ベルというところが作っている主に学生向けのやわらかローファーです。
学校での指定靴採用も順調に増えているようで、損益分岐点を大きく上回りそうです。

・ボチボチ 信楽陶人形「陶房 準」ファンド
葛原準子さん作の信楽焼陶人形の販路拡大のファンドです。ひな祭りとかには新聞で取り上げられてます。売り上げは順調なんですが、一人で制作している限界もあるようで、大化けも大崩れも無いかなという感じです。

・苦戦 凡のようか豚丼ファンド
「豚丼の具」や「朝倉山椒香る八鹿豚コロッケ」については拡販はまだまだこれからなので、今後の巻き返しに期待したいですが、問題はメインの食堂です。 これが、兵庫県養父市 八鹿町八鹿にある公立八鹿病院の院内店舗なんですね。この病院が医師不足のために縮小傾向にあるようで、来院者数の減少に伴い来客数が減少しているようです。全然ダメという状況ではないので、今後に期待です。
ちなみにここの豚丼ですが、ブログでの紹介はしなかったですが美味しかったです。ちょっと濃い目の味付けなので夏にスタミナをつけたい方にお勧めします。

という感じで、好調なものもあれば苦戦しているものもありますが、特典分を考えると多少マイナスになったところで損したという感じにはなりません。言い換えると、特典分が無ければ大きく儲けるというタイプの商品ではないので、申し込むのであれば自分が欲しいと思える特典があるものにした方がいいです。

コメント