ムゲンエステートの株主優待変更を改悪と言うのは可哀想だ

昨日、ムゲンエステート(3299:東証1部)から株主優待内容の変更が発表されました。既にあちらこちらで書かれていますが、『改悪』呼ばわりしているところも多いです。

本当に内容をきちんと見ると、個人的には『改善・神対応』だと思うので改めて紹介。

ムゲンエステート(3299:東証1部)

優待内容(変更前)

  • 権利確定日:6月末
  • 最低必要株数:100株
  • 優待内容:クオカード1000円

優待内容(変更後)

  • 権利確定日:6月末
  • 継続保有期間:半年以上(2020年6月末)、1年以上(2021年6月末以降)

保有株数によってクオカード金額が増加

  • 100株以上:1000円分
  • 500株以上:2000円分
  • 1000株以上:3000円分

 

この両者を比較してどこから”改悪”なんていうコメントが出て来るのか聞きたい。

継続保有条件の有無だけで言っているのであろうが、そもそも権利確定美だけ保有して優待をもらうとか、信用クロスを利用しての優待取りがイレギュラーな手段であって、長期で保有してくれる株主に優待を出すというのが本来の姿と思います。

今後も継続保有条件を付与してくる会社はどんどん増えてくるはずです。

 

それ以外を見ると、100株保有は従来通りの1000円で、保有株数が増えると金額が増えていくということで優待内容は充実したと言えます。

しかもこの会社が偉いのは、継続保有期間について猶予期間を設けていること。2020年の6月期であれば半年以上でいいので、今から買っても優待がもらえます。

 

これについてはレシップホールディングス(7213)という最悪な対応をしてくれた会社があります。

優待拡充と言いながら選択肢が増えただけ。継続1年以上という条件を追加したものの、猶予期間が全くなく、変更発表前の今年の6月に購入したにもかかわらず、我が家には9月権利確定での優待が来ません。

こういうのを優待改悪と言います。

2019年10月4日週の投資成績_我慢の週
2019年10月4日までの投資成績です(2014年1月から)。 先週比 -0.09% 年初比 9.86% 続落となりました。しかしながら、日経平均が2%以上下げたのにくらべると何とか耐えている感じです。 ...

 

それに比べれば今回のムゲンエステートの長期条件付与なんて神対応です。

 

株主優待変更以外にも業績の下方修正、自社株買いの実施を発表してます。今日の株価を見る限りはプラス評価が上回ったようです。

コメント