インカムゲイン(2019年10月8日まで)

不定期連載3回目。2019年のインカムゲイン取得状況です。

1年の4分の3ほどが過ぎました。7月に書く予定が忘れていたようで、4/21以来のまとめです。

2019年のインカムゲイン

配当金

合計(9月末まで):901,750円

3月決算の会社からの配当金が入金されているので4月時点よりも55万円ほど増えました。

金額的に大きいのはオーデリック、ノザワ(売却済み)、愛知電機、村上開明堂、アスカネット、日本社宅サービスです。主力銘柄で保有数が多いから当然ですが…。

配当利回りを重視して銘柄選択をしていないので、配当金額はそれほど多くありません。

金額は源泉徴収後の金額です。

今年は売却益がマイナスなので確定申告でガッツリと戻ってくる予定ですが、その分は集計に入れません。

株主優待

合計(9月末まで):33,317円

ギフト系の優待をほとんど金額換算していないので、正直、意味あるのこの金額?っていう適当な集計です。

ギフト系優待として

  • KDDI×2名義
  • 日本管財×2名義
  • 日本トランスシティ
  • 愛知電機×2名義
  • 新晃工業×2名義
  • オリックス×2名義
  • 日本エスリード×2名義

を取得しています。品物は10月から12月受け取りに指定しているものが4つほど今後来る予定。

他の目ぼしい優待はソフトバンクグループの最後となる優待、日信工業、平安レイサービス、GMOグループなど。

優待変更でショックだったのはソフトバンクグループの優待廃止と、レシップホールディングスの優待改悪です。

『ソフトバンクグループ』の株主優待が廃止に
ソフトバンクグループ(9984:東証1部)の2019年3月期決算発表がありました。決算の数字については詳しく触れませんが、数字以外でいくつか大きなニュースがありました。 1:2の株式分割 2020年3月期の配当据え置き(実質...

貸株金利

合計(9月末まで):678,861円

相変わらず結構な金額の収入になっています。大部分はアスカネット1社の貸株金利です。

一時期の12%とかいう異常高金利ではなくなったものの、今でも6%の高金利です。

その分株価の方は冴えませんが、1400円台を回復してきました。来週にはCEATEC(シーテック)が開幕し、ASKA3Dを使った展示をするメーカーもいくつかあるようなので、そろそろ良いニュースが聞けたらなと・・・。

総計

総計:1,580,611円

総計は約160万円で、4月時点に比べて90万円ほど増えました。

この後は年末に9月末分の配当が入ってくるものの、昨年に比べて貸株金利収入が減っているので、昨年の金額205万を超えるかどうか微妙なところ。

コメント