栄枯盛衰・・・次にコケるのはメルカリ?

スポンサーリンク

中長期投資をするうえで重要なのは銘柄選択です。いかに安定して成長できる銘柄を発掘できるかです。トヨタやセブンイレブン、ファーストリテイリングを初期のころから保有していれば、放置しているだけで億万長者です。

しかしながらそう簡単に長期成長が可能な銘柄に出会えるわけではありません。大半の銘柄は「一時期調子よかったけど、最近さっぱりだね」ということになります。

特にそういう傾向があるのが、外食産業、小売業、ネット関連企業だと思います。

注目を集めていたのに急ブレーキがかかった企業として、最近では「いきなりステーキ」の「ペッパーフードサービス(3053)」とか、M&Aのやりすぎで失敗したRIZAPとか。

そう考えると、中長期投資と言えども完全放置はかなり危険です。もしくは浮き沈みの激しい業種には近づかないなどの防衛策も必要かもしれません。

 

前置きが長くなりましたが、メルカリもそんな一つになりそうです。最もメルカリの場合、上場してから株価が初値を越えたことが無いので株式市場的には勝ち組になったことが無いですが・・・。

ここ以降は愚痴なので聞き流してください。

先日、メルカリで優待券を出品したところ、30秒で削除されました。メルカリでは金券の類は一切出品が禁止のようで、そういう決まりなら仕方ないかとも思ってヤフオクに切り替えたのですが、そもそも出品前に同じ商品があるのを検索したような・・・。

そう思って検索するとやはり出品されています。

自分のが削除されるなら来れも削除だよなと思い、「不適切な商品の報告」ボタンから通報してみたのですが・・・全く削除される様子がありません。

そもそも出品時のカテゴリー選択で優待券的な選択肢が出て来るのに禁止とか意味不明。削除しましたメールに記載された内容だと、株主優待券など金券的なものは一切禁止となっているのに、カテゴリーがあるし実際に多数出品されています。

前にも似たようなことがあったけど、メルカリの出品NG基準はおかしいです。

 

メルカリはユーザー数が多くて売れやすいということはあるものの、それ以外に特別にメルカリでないとというメリットはありません。内容的にはヤフオクでもラクマでも同じことができます。そう考えると今後は体力勝負になる気がします。

メルペイも〇〇ペイ競争の中では負け組になりそう。強力なバックがついているPayPayや楽天Payに対して、メルカリの利益だけでどこまでメルペイを支えられるか。現時点では支えることができず、海外の赤字もあり、メルカリは黒字化したことがありません。

今は先行投資で勝ち組の地位を取りに行く段階、そのうち急激に黒字化して利益が・・・となるといいのですが、メルカリには無理だと思う。そのうちZOZOみたいにヤフー傘下に入ってたりして。

コメント