2019年10月4日週の投資成績_我慢の週

2019年10月4日までの投資成績です(2014年1月から)。

  • 先週比 -0.09%
  • 年初比 9.86%

続落となりました。しかしながら、日経平均が2%以上下げたのにくらべると何とか耐えている感じです。

個別銘柄で見ても、主力銘柄は大きく上げたものも無ければ、大きく下げたものもありません。

個別銘柄コメント

レシップホールディングス

今年の6月に株主優待銘柄として新規購入したレシップホールディングスが、またしてもやらかしてくれました。

優待銘柄として『レシップホールディングス』を新規購入
6/24(月)に株主優待銘柄として「レシップホールディングス(7213:東証1部、名証1部)」を新規購入しました。 レシップホールディングス(7213:東証1部、名証1部) 各指標 何をしている会社かというと「【特色】バス・鉄道・自動...

買った時点では「優待の権利確定は9月末なのでまだ間に合う」と書いていましたが、7/19に「株主優待制度の拡充及び制度の一部変更に関するお知らせ」を発表。

その内容が酷い。

 

拡充とされているのは、今までの富有柿に加えて、岐阜県特産の明宝ハムが選択肢に加わりましたというだけです。

岐阜県でハムと言えば、電算システム明方ハムが選べます。

春の電算システム・ハム祭り_株主優待が到着(2019年)
電算システム(3630:東証1部、名証1部)から、2018年12月期の株主優待品として選択した「明方ハムセット」が届きました。 優待案内到着の記事はこちら(『明方ハム』と『明宝ハム』の小話付き) 電算システム(3630:東証...

同じ岐阜県の明宝ハムと明方ハムの話はこちら

電算システムから株主優待案内が到着(2019年)
2019年3月26日に「第52期 定時株主総会」が終了した電算システムから株主優待案内が到着しました。 参加した株主優待の様子はこちら。1000円のクオカードと2色ボールペンのお土産付きです。もっとも岐阜開催なので、交通費の方が高いで...

単に選択肢が増えただけで拡充という程でもありませんが、それはいいです。

問題は一部変更の方で、「継続的に1年以上保有されている株主様を対象に・・・」が条件に追加されました。しかも今年の9月からなので、2018年の9月末から株主になっていないといけません。

見事に後出しジャンケンで優待がもらえなくなっていました。もう少し配慮があっても良さそうなものですが、容赦無しです。

 

そんな弱小株主に優しくないレシップホールディングスですが、今週に入って「公募増資と株式売り出し」を発表。株価は翌日に1割ほど下げました。これで含み損に転落。踏んだり蹴ったりとはこのことです。

今さら売るつもりはないので1年以上先の優待を目指して保有し続けますが、弱小株主に優しくない酷い仕打ちをしてくる会社というイメージは今後も拭い去れないと思います。

コメント