オリックスから株主優待が到着・・・その2(2018年)

スポンサーリンク

返信していたオリックスの株主優待が届きました。

DSC_0344

スポンサーリンク

オリックスの株主優待内容

  • 権利確定月:3月末、9月末
  • 必要株数:100株

優待(1)株主カードの発行(3月・9月)

  1. 京都水族館、すみだ水族館、新江ノ島水族館の入場料金10%オフ
    当日券購入のみ利用可能、割引の人数制限なし
  2. オリックスレンタカー基本料金割引、中古車販売割引など
  3. ふく料理「春帆楼」 ドリンク1杯無料
  4. 全国40ヵ所以上のゴルフ場で、ドリンク1杯無料 株主様ご本人のみ(1日1杯)
  5. オリックス・バファローズ公式戦ホームゲーム優待価格

優待(2)ふるさと優待(3月)

各地域の取引先企業が販売する食品・飲料など(ふるさと優待)

  • Aコース15品程度が掲載されたカタログの中から1品(3年以上継続保有)
  • Bコース25品程度が掲載されたカタログの中から1品(3年未満保有)

 

優待(1)の方はかなり限られた施設での割引なので、使ったことがありません。オリックスの優待としてよく紹介されるのは優待(2)の方です。

カタログから1品選択をするのですが、第3希望まで書く必要があり、人気が集中した場合は、必ずしも第1希望の品が届くとは限りません。

実際、2年前の優待では第1希望の牛たんが届かず、第2希望の品となったことがあります。

スポンサーリンク

2018年 Aコースはこれを選択

昨日届いたのは自分の分なので、今年から3年以上継続保有のAコースとなりました。

内容はAコースの方が豪華なのですが、ただでさえ選択数が減るうえに、選択肢に牛肉が4つもあり、内容のバラエティー差でいくとBコースの方が幅広いです。

 

ちょっと豪華な初めてのAコースの中から、茨城県の「瑞穂和牛スライスセット」を第1希望として選択しました。今年は第1希望がそのまま到着です。

  • スライス(ロースまたは肩):250g
  • 切り落とし(肩、バラ、もも):300g

オリックス株主優待_瑞穂牛2018

冷凍便で届いた段ボールの中にこんな感じで入っていました。

オリックス株主優待_瑞穂牛2018

開けてみました。まだ冷凍状態なので色味はイマイチですが、特にスライスの方は霜降りで美味しそうです。

 

オリックスの優待で困るのは、ハガキを返送してから到着までが非常に長いことです。今回も8月中旬に返送して、10/20着なので2ヶ月くらいかかりました。

時期をずらして返送したオリックスと日本コンセプトと新晃工業の冷凍3品でしたが、結局、到着が10月に集中してしまいました。

冷凍庫はいらへんっちゅうねん。ということで、早速今夜はすき焼きです。

スポンサーリンク

指標から見たオリックス株

2018/10/19の終値1810円をベースにして、指標面でオリックス株を見てみましょう。

PER:7.14倍

PBR:0.86倍

配当利回り:3.76%

ハッキリ言って、なんなんだこの安さは?

という状況に放置されています。景気の影響を受けやすそうとか、業種的にどうなの?っていうのを差し引いても安いです。

これだけの大企業でありながら、売り上げも増えており、営業利益率も高いです。配当も利益増に伴い、年々増えており、配当利回りだけでも買える銘柄です。その上にこんな太っ腹優待が付いてくるのです。

 

ふるさと優待が始まった時は、なんだこんなふるさと納税の真似みたいなやつ。直ぐ無くなるかもしれんけど、お得感あるからとりあえず買っておくかで買いましたが、何だかんだと続いています。

株価は購入時から大して上がっていませんが、優待と配当だけで安定したリターンが稼げるので完全放置プレイの継続保有です。

 

優待銘柄好きな人でオリックスを持ってない人っているの?ってくらいの、ド定番銘柄ですよね。気になるのは株主数で295,000人くらいなんです。大きな会社なのでどうってことないかもしれませんが、主力の中小型株だと2,000人程度とか普通なんで凄く多く感じます。

コメント