四季報2019年秋号を見て、主力銘柄についてメモメモ

会社四季報2019年秋号が発売となりました。ネット証券の四季報内容も早速更新されているので主要銘柄について内容を確認。

今回も自分への備忘録代わりに記録しておきます。四季報で四半期ごとに定点観察することで、過去の振り返りと今後の見通しの再構築をします。

会社四季報2019年秋号 備忘録その1

カッコ内は四季報コメントを更にギュッと省略したものです。自分に都合の良いコメントを残しているかもしれません。

村上開明堂(7292:東証2部)

  • 2578円(9/18)

【微減益】メキシコの新機種立ち上げ負担、中国新工場の19年秋稼働で負担先行。増配か。【インド】20年前半稼働、22年フル稼働計画

ほんの少し前までは3ヶ月前よりも株価が低迷して市場から完全無視状態でしたが、ここにきてアメリカファンドのニュースや、新製品のトヨタ・カローラへの初採用ニュースが出てきて注目されています。

『村上開明堂』は万年割安な超絶株価無関心企業
今週半ばからうちの超主力銘柄である村上開明堂(7292:東証2部)が上昇しています。 『「世紀の空売り」投資家が日本の中小型株上昇に期待-8銘柄保有』ということで、ごく一部でニュースになってました。 「ヘッジファンド投資家のマイ...
村上開明堂がストップ高(一瞬)
今日の村上開明堂(7292:東証2部)は一体何だったんでしょう??? 完全に理解不能な値動きをしてくれました。 前日終値2,446円に対して、朝はやや高の2,496円でスタート。それが10時過ぎからフラフラしだして、10時40分...

ほとんどの人が完全無視の地方本社・東証2部銘柄なので、名前が知られるだけでも適正株価に近づいてくれると思います。

四季報の内容はいつも通りの安定内容。

現物分は恩株なのでガッチリキープ。

サンセイランディック(3277:東証1部)

  • 822円(9/19日)

【小反落】支柱の底地・居抜き再販が終盤戦積み上がる。仕入れ下期増大に伴う租税公課傍聴。営業益小反落。【攻め口転換】建築は富裕層から設計事務所などに営業先転換

問題の建築が前向きなコメントになってます。

夏号の時は株価740円でした。やっと800円台に戻してきましたが、まだまだ安いと思います。

ここも問題なくガッチリキープ。

・・・と言いながら安値で買い増した分は、チビチビ利益確定してます。

アスカネット(2438:マザーズ)

  • 1445円(9/19)

【費用負担】遺影加工は復調。写真集は新工場への移転費と償却増重荷。費用先行する空中結像の量産実現すれば表記から利益上振れも。

【空中結像】樹脂製空中結像プレートは引き合い強く、量産実現へ注力し実績作り急ぐ。台湾で開始のドコモ写真集OEMは滑り出し順調。

6/17が1404円なので、ほとんど変わらず。

空中結像のコメントが、量産化と業績へのプラスを意識するところまで進みました。歩みが遅すぎるという人もいるでしょうが、着実に進んでいます。

月産1000枚レベルでの量産化製品ニュースが出れば確実に上昇すると思うのですが・・・出ない。

ただそこは信じて待つしかないです。投資の9割は我慢なので。

オーデリック(6889:JASDAQ)

  • 3930円(9/18)

【駆け込み需要】山田照明の子会社化で売上上乗せだが利益貢献ない。期末10円増配。【山田照明】赤字体質克服へ構造改革推進

買収した山田照明を生かせるかどうかです。

ただ壁紙・床材のサンゲツ傘下よりは、オーデリックの方が山田照明を生かせるはずです。長期的に見ればプラスの効果がある買収でしょう。

株価の方は6/17の3800円からやや上昇。3ヶ月まえからさらに100株追加。

成長性が疑われているのが安値放置されていますが、財務鉄壁なのでこれ以上の下げはない安心銘柄。利益率も高く、配当も増配中なので収益下支え銘柄としてガッチリキープ。

イボキン(5699:JASDAQ)

  • 2738円(9/18)

【大幅増益】金属再生減だが、解体工事が需要増。20年12月期は解体工事の需要高水準。【本格稼働】6月に本社で入れ替えた大型金属シュレッダーは本格稼働。

6/17の株価は3235円だったので、そこからは大分調整しています。

ただ四季報コメント自体は引き続きポジティブコメントです。解体工事の需要は今後も伸びると予想されるし、エリア拡大も期待できるので長期で期待大です。

保有株は、4000円近くまで上昇する過程で一部売却後、調整に入ったところで再購入をしたので、実質3ヶ月前より200株増。

その1まとめ

主力銘柄として保有している9銘柄の中で、評価額上位5銘柄のまとめです。

  • 村上開明堂:やっと注目されるか?
  • サンセイランディック:まだまだ安い
  • アスカネット:投資の9割は我慢だ、その日を待とう
  • オーデリック:安定の収益下支え銘柄
  • イボキン:調整中だが将来期待No.1

主力銘柄は中小型株という点以外は、なるべく性質の違うものを混ぜるように心がけています。

最近は楽天通販で付くポイントが以前より増えてます。 本屋さんまで買いに行く手間とガソリン代がかからず、実質価格も安いとなれば通販で買っちゃいますよね。

四季報なんて定期発行なので店頭での出会いとか関係ないし・・・。

コメント