日本フェンオール(6870:東証2部)を完全売却

スポンサーリンク

主力下位銘柄として2016年から保有してきた日本フェンオール(6870:東証2部)でしたが、完全売却しました。

切っ掛けはその前日に発表された2Q決算です。これまでは売り上げが減ってきても利益減少はそれほどでもなかったのですが、ここにきて下方修正となりました。

しかも半端ない率の下方修正。

これを受けて暴落するかと思いきや、元々の割安さのためか、誰も期待していなかったためか、株価の方はそれほど大きく下げませんでしたが、これ幸いと全株売却しました。

購入当初は東証1部への指定替えもあるか???という感じでしたが、上場基準の見直しなんて関係なく昇格できない状況です。そう考えると、当初の思惑が外れた時点で売却をしておくべきだったのかもしれません。

これだけテンション低めに書くとどんだけの損切りやねんって感じかもしれませんが、元々買い増ししていた株価が1200円前後だったので、過去の確定利益分と合わせて最終的に178万円程プラスとなりました。

あまり良い印象が無いのに、結果だけ見るとそこそこ儲かっている、最後まで不思議ちゃん銘柄でした。

コメント