なんで村上開明堂が主力銘柄なん???

スポンサーリンク

今の保有銘柄で一番評価額が大きいのが『村上開明堂(7292:東証2部)』です。

株式投資をしている人でも99%の人が「それ何?知らない」って言いそうな、超マイナー銘柄です。

何をしている会社かというと「自動車用バックミラー最大手、国内シェア4割。トヨタ向け5割。光学フィルター分野強化」ということで、自動車のバックミラーを作っている静岡県に本社がある会社です。

自動車部品の会社という時点で「万年割安銘柄」決定という感じですが・・・ほぼ正解。

指標面で見ても

  • PER:6.00倍
  • PBR:0.51倍
  • 自己資本比率:74.6%
  • 配当利回り:1.87%
  • 株主優待:無し

実質無借金で財務鉄壁にもかかわらずPBR0.5倍台に放置。東証2部くらいだとゴロゴロいますけど。

 

そんな万年割安株でも超安値の頃に仕込んで、2000円台後半から3000円を超えてきたところで売ったため、利益の絶対額で見ると個別銘柄ではトップです。

長期で保有を続けることで、年率5%程度の利回りは確実に出してくれると思ってます。ここに配当倍増とか(それでも配当性向30%程度)、株主優待新設とか(静岡の名産とかどうですか)、1部指定替えとか(今の時価総額は300億くらい)、何かしらのニュースが出てくれば、株価水準は切り上がるはずです。

まぁ問題は、2014年から見てきて、そんなニュースが出そうにない感じでしょうか?

 

自動運転になったらバックミラー不要やんとか、自動車シェアが広がったら車売れなくなるやんとか、ネガティブ要因は色々ありますが、今の最大のネガティブ要因はトランプの動向でしょうか?

 

投資額はほぼ回収済みなので、気長にお付き合いしていくつもりです。

コメント