2019年4月19日週の投資成績_アスカネットは11連騰でストップ

スポンサーリンク

2019/4/19までの投資成績です(2014年1月から)。

  • 先週比 -0.13%
  • 年初比 8.43%

年初来高値を更新とはなりませんでした。先週日経平均に対して買っていた分、今週負けた感じです。

水曜日までは好調でした。アスカネット(2438:マザーズ)も11連騰まで行きました。しかし、木曜日の午後に調整が入ります。

水曜日までの3日間の上昇を全て吐き出す10%程度の下落となりました。

今日は朝方少し上げたものの、その後は下落し、ほぼ昨日と変わらずというところで終わってます。1週間で見ると、辛うじて先週金曜日よりは高いというところです。

来週は期末権利落ちや、GWの10連休を控えて、どう動くのかがわかりませんが、信用取引の売り禁が解除されたわけでもなく、製品化のニュースもパラパラと出て来てます。

短期的には色々な要因で乱高下するにしても、今後市販品での使用例が増えるにつれて実績相場へと移り、最低ラインが2000円で評価される銘柄だと思っています。

1000円台は辛抱してホールド、2000円を超えてくれば評価額も見ながら一部売却という方針で行こうと思います。

 

アスカネットは大幅調整が入ったものの先週比ではプラスでした。今週マイナスになった最大の要因は、もうひとつの主力銘柄、村上開明堂(7292:東証2部)の下落です。

今週はズルズルと下げていたのですが、金曜日はついに-83円(-3.21%)の2499円となり、2500円すら割ってしまいました。

特別何かニュースが出たわけでもなく、ここまで下げる理由がわかりません。これ以上は下げても限定的と思われるので、数百株ほど買い増ししました。

さて、どうなることやら。

コメント